お揚げさんピザ 大豆たんぱくも大活躍!

お揚げさんピザ 大豆たんぱくも大活躍!

またまた簡単おやつです。

そして、なぜか大人のおつまみにもいけるっていう(笑)

お揚げさんピザは、ピザ生地をうすあげで代用したものです。

ピザ生地は普通小麦粉でできていますので、家庭でピザ生地を作るか市販のピザ生地を買うかですが、なるべくグルテンフリーで、炭水化物のとりすぎを避けるためにうすあげを使います。

それに、うすあげはおかずにも使えますから、おかずに使った薄上げが残ったらおやつに使いまわせて便利な食材です。

うすあげは切った豆腐をあげたものですので、大豆由来の成分ですから栄養満点💯

大豆たんぱくは、アミノ酸スコアが100❗良質なたんぱく質がとれます!

大豆レシチンは、リン脂質といい、細胞膜の構成に必要とされています。

大豆サポニンは苦味や渋味の主成分で、強い坑酸化力をもち、体内の脂質の過酸化を抑制します❗

どうしてもおやつは炭水化物メインになってしまいがちです。いえ、最近は食事まで炭水化物で終わらせてしまう場合が多いこともあるので、意識してたんぱく質や食物繊維をとっていきましょうね!

まあ、退屈な栄養の話はさておき(笑)

うすあげはそのままオーブントースターで焼いて醤油をかけて食べてもおいしい食材なので、もちろんピザソースやチーズをのせても抜群にあいます!

ピザソースやトマトソースがあればそれで使ってもいいですし、簡単にする場合はケチャップを使ってもいいです。

そして、ピザですからトッピングはお好みでなんでもいいのです。

プチトマト、ウインナー、ベーコン、洋風でもいいですし、じゃこやかつおぶしなんかもあいますよ。

冷蔵庫にある残り物なんでものせてしまってください!

簡単にちゃちゃっと作って、素晴らしい栄養素をもつ大豆でできたうすあげさんを、おやつに使わない手はありません🎵

スポンサードリンク

お揚げさんピザ

材料

  • 薄揚げ               1枚 (必要量に応じて)
  • ケチャップまたは、トマトソース   大さじ 1~2
  • シュレッドチーズ          適宜
  • トッピング材料
    じゃこ     
    ピーマン
    プチトマト など、お好みで

薄揚げは、表面についた油を洗い流したほうがいいので、沸かしたお湯をかけるなり、湯をくぐらすなりして、ザルにあげ、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。

薄揚げの上に、ケチャップをのせシュレッドチーズを乗せます。

このままシンプルな味にしてもよいし、お好みでじゃこや、プチトマトなどトッピングしてもよしです。

これは冷蔵庫にあったもので、一枚はじゃこと鰹節を。もう一枚は無えんせきの安心ウインナーとプチトマトをのせました。

そしてクッキングシートに乗せて、オーブントースターで焼きます。目安は180度~200度で5分くらいです。お好みでカリカリに焼いてもいいですね!

簡単にできあがり!!

手軽で栄養満点で、しかもおいしい。ぺろりと二枚くらい食べれてしまいます。

余っても夜のおつまみに使えてしまいます!

うすあげは冷凍保存もできるので、常備しておいて困ったときはうすあげのお揚げさんピザ!

スポンサードリンク

たんぱく質の質量

大豆のたんぱく質の質量は豚肉や牛肉などより高いです。

一日当たり摂らないといけないたんぱく質はだいたい

体重×体重1kgあたりに必要なたんぱく質量1.2~1.4gです。

体重20kgの子供なら、牛肉だと毎日100gは要ります。

でも毎日100gのお肉はきついはず。だから、あの手この手でたんぱく質を。

揚げはたんぱく質量が高いし、手軽に食べれるので、大人に比べて食の細い子供には最適!

うちの娘もさらっと食べれるお揚げさんピザは、冬の定番メニュー!

風邪しらずで、体温も高い!

1月でもコートなしでうろうろしとりますわあ~!

たんぱく質メインのおやつで身体の基礎を作りましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする