簡単焼きプリン 卵はアミノ酸スコアが満点ですよ!

簡単焼きプリン 卵はアミノ酸スコアが満点ですよ!

プリンは柔らかくて甘くて、小さな子供から大人まで大好きなおやつです。

いつも冷蔵庫にある牛乳と卵でできるので、困ったときはプリンです。

プリンを作るってどんなイメージがありますか?めんどくさい?簡単?

私には時短で簡単で材料がそんなにいらないから時間がなくて何もない時こそプリンなんです。

プリンは美味しくて柔らかくて食べやすいうえに栄養満点なおやつです。

スポンサードリンク

卵は、アミノ酸スコアが100の満点食材です。

昔は、コレステロールが高いから卵は1日1個までと言われていましたが、時代がかわり栄養の研究が進むにつれ、コレステロール値が高いことはそれほど身体に悪いものではなく、良質なたんぱく質がとれる卵は1日に2個3個とるくらいがいいと言われるようになりました。

とはいえなかなか毎日たくさんの卵をとるのはなかなか難しいので、おやつの時間を利用して、たくさんとれるといいですね!

そして、プリンといえばカラメルですが、カラメルのかわりにはちみつやメイプルシロップをかけるだけにすればより手間も省けますし、なによりはちみつやメープルシロップの自然な甘味が身体によいです。

糖分は細胞のエネルギー代謝に欠かせない物質です。

人工甘味料のような味だけ甘い偽の糖分はうまくエネルギー代謝がいかないので、良質な糖分をとることが大切です。

砂糖は悪くないですが、白砂糖は精製過程でミネラルなどがなくなっています。

ですから自然からとれる甘味のはちみつにメイプルシロップはミネラルたっぷり!

時短で簡単!常備しておくとほんとうに便利です。

スポンサードリンク

簡単焼きプリン

材料

卵 3個

牛乳 300ml
(濃厚にしたいときは生クリームにする)

きび糖 10~30g お好みで

バニラオイル 2滴or3滴
もちろんバニラエッセンスでもok

はちみつ・メイプルシロップ
(カラメルのかわり)

まずはオーブンを予熱180℃にセットしてください。

卵をボールに割り入れます。
牛乳、きび糖をいれて、泡立て器で混ぜます。


鍋に入れて温めてるとなめらかになりますが、ここではより簡単にするために、混ぜるだけでも大丈夫です。

混ぜた卵と牛乳にバニラオイルを3滴ほど。もちろんバニラエッセンスでもOK.

(食感をなめらかにしたい時は鍋で1分2分温めて茶漉しなどで濾してください。)

プリン液を型に流し込みます。


型は、プリンカップでもいいですし、うちは大きなグラタン皿などにいれて大きなプリンにして、焼けてから取り分けるスタイルにしています。

オーブンの天板に水をひきますが、水よりもお湯をはったほうが、焼き時間が短縮できます。

ここでお湯を沸かしておきます。

あらかじめ予熱セットしていたオーブンにお湯をはった天板を入れて、タイマーを20分~25分にセットして焼きます。

やきあがりました!

焼き上がりプリンがまだゆるければそのままさらに5分10分延長して焼いてください。

この作り方のどこが時短やねん!って思われるかもですが、私はいつも30分以内で作ってしまいます。

最初にオーブン予熱 → 卵3つ割る → 牛乳計ってボールに入れる → バニラオイル垂らす → まぜる → オーブンにいれる(時間ないときは天板に水にしてます) → 20分たって焼きあがる。

オーブンに入れるまでの過程を高速ダッシュでやれば30分でできるっていうことです。

スポンサードリンク

身体の基礎はたんぱく質からです

卵はアミノ酸スコアが満点ですが、一日に何個も卵を食べるのはなかなか大変。

こうやってプリンでとると楽です。

うちでは風邪の予防は腸内環境やビタミンのほかに強化するのはたんぱく質です。

おかげで娘も幼稚園は皆勤賞常連!

基礎作りしっかりしましょうね!

さて、焼き上がったプリンにはちみつやメープルシロップをかけて召し上がれ❗

スポンサードリンク

番外編 

これは甘味をつけてプリンですが、きび糖の代わりに塩をいれてホウレンソウやベーコン、

プチトマト、をいれるとキッシュになります。

なんにせよ、卵と牛乳があればまぜてオーブンにいれて簡単プリンやキッシュができるということです。

だからと言って、おやつにプリン、夕飯にキッシュは避けましょう(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする